可もなく不可もなく

果てしなくネガティブならしい(仮)ですが前向きです。高卒、進路未定者の生活模様。

謎の体調不良。

先週の土曜日、職場で血混じりの嘔吐をして早退した。 その日はちょうど朝晩だった。 居合わせたチーフには急患で病院に行くことをすすめられ普段仲良くしている職場の同僚には精神的な病気を疑われた。 私は抑えきれない吐き気と胃の不快感とともに申し訳な…

手軽さの代償

手軽さの代償は思考しないことからはじまり考えられなくなること、考えないこと、のち、思考停止に陥ること。

ギターを買った

話したいこと 半年間やった副業のバイトで貯めたお金で新しいギターを買った、低音がとてもよく響く、フィッシュマンのピックアップ付き、デザインがオシャレ…持ちやすい、色味◎!、初めてのギターにしてはいいギターを買った気がする (知人にお願いをして半…

何もかも労働に消費され続ける現実が孤独の象徴。※日記です

衝動も体調も時間も何もかも労働に消費され続ける現実が孤独の象徴、いつもと変わらない労働に励みながら私は泣いていた やってもやっても終わらない単純労働に見せかけた個別対応の接客、みんな疲れ果てている、コロナが流行っているとか関係なく人が営みを…

2020.2.14

2月14日、バレンタイン、はじめしゃちょーの誕生日、親友から貰ったシナモンロールの着ぐるみのような部屋着を着てチョコレートを溶かす、この頃手の込んだ料理をサボり気味なせいか調理器具をどこに置いたか分からず探しながらしていたため固まっては溶かす…

2020.2.13

〇〇さんの代理で配属されてきた人なんだって、前の人の方が良かったよね、〇〇さん仕事できていいのに辞めるのもったいないな、〇〇さん早く仕事辞めないかな、今日も脱衣所では陰口がひそひそと囁かれているのを聞きながら作業着の袖に手を通す、暖房のつ…

2020.2.3

鬼は外、福は内、今日は節分、下書きばっか増えていく脳内も豆まきをして余計なものを追い出していきたい。 昨日からお店で恵方巻きを売っている、行事の度それにカッコつけて色々と新しい製品を作り出して商品をたくさん売ろうとする自社には何時も関心と感…

2020.1.29

労働を日々積み重ねた先に何があるのか何も分からないまま私は今日も労働に勤しんでいる、今日は5時起き、睡眠時間は三時間、前の日遅番の次の日朝晩はあまり寝る時間が取れなくて午前中は脳内酸欠状態あくびを何回もしていた。眠い、眠い以外の言葉が出てこ…

仮想 気づいたらみんないなくなっていた 月明かり、幻想 足元、古池の周りには黄色い 水仙が所狭しと咲いている 水草の上に横になりワンピースが 水で身体に気持ち悪く まとわりつくのを感じながら目をつぶる 黄色い光がまぶたの上で揺らめいている 星は見え…

シャボン玉のような壊れそうなのに壊れないで空にふわふわと飛んでいく詩がすき、ステータスあの子、あの子のつくる世界で眠りにつきたい

* 告白 愛しています、今日も、愛しています、永遠にお休みはしないでください、 明日の朝もおはようと微笑んで、健やかな明るい朝を私と繰り返してください * 寂しいのはきっと夜が長いせいだ 寂しいのはきっと夜が長いせいだ、電話越し、あなたの寝息が…

狂気的と形容されるものはただ勢いとインパクトが強いだけで実際には陳腐なものが多いらしいですよ、そろそろ日常に帰化しませんか、時代について行こうとすると今に乗遅れます。

2020.1.1

1月1日になった途端狂ったようにみんなして(かくいう自分も)あけましておめでとうというメッセージを送りあっていることに若干の気持ち悪さを感じる。 あけましておめでとう、とは言うが、元日からシフトが入っているから内心全然おめでとうという気持ちにも…

2019.11.20

11月20日 日付が変わった数分後にロウソクの火は消され私は18歳から19歳になった、ショートケーキをワンホールの半分食べとち狂ったように友人と笑いこけふかふかのベットに横になって朝を待つ P.M6:00 バスに乗り駅へ向かう、改札、東京行きの新幹線に乗る…

年を越したくないなと思いながらハイボールを目の前にしてギターを弾いています、あなたはどんな夜をお過ごしですか

年内最後の休日

通話越しあなたの声を聞きながら眠りにつく幸せをかみ締めながら家を出る近くのお店で知り合いとアイドルのお話や地元のお話を三時間ほどして帰宅

× × たい。

※性的描写が入ります。。 彼の唾液と自分の唾液が混ざり舌が絡みあう感触を確かめながら息をする、目を固く閉じて意識をそこだけに集中させる、ディープキスは個人的に他を介して自慰をしている気持ちになる、一度の口付けでいつまでもしていられそうになる…

私の中にしかいない、正しさも、嬉しさも、平和も、怒りも、未来は私の中にある、可能性を秘めている、でも、未来は完結していない、これからだ、未来は私とあなたとあなたのその隣にいる人と皆の中にある、過去は時々思い出したように現れては無言で立ち去る

早朝憂鬱退勤したい

自分で書いた日記を読んでいて友人や彼が恋しくなる早朝、遅番なのに早く起きてしまった、PM4:44、4が並んでいて気持ち悪い、死、朝は苦手だ憂鬱になりながら卵焼きを作る、お弁当のおかずではなくてこれは朝食、連勤泣きたくなってくる、楽しさは月と一緒に…

ロックンロールはなり続ける(1/14)

ロックンロールはなりやまないっ、リスカしまくった腕を見せびらかして微笑む夢の中のスターは33歳になっちまった、これからも彼はロックンロールを鳴らし続けながら年老いていく、きっとそうだ、時間だけがすぎて記憶だけは消えていって残るのは感触だけで…

夢の中で

人と関わりたくない時期になってきている、冬は特にあまり外に出たいと思わないし誰かと会いたいともあまり思わない、季節のせいもあるだろう いらっしゃいませ、とお客さんに対して言って商品を預かる、手が震える、早く帰って欲しいと思いながら商品を機械…

愛されることなんてないのに愛してってお金渡してるの馬鹿なんですけどそれでしか私は父に私の気持ちを伝えることが出来なくて毎回やってしまってその度に後悔して虚しくなって哀しくなってしまう、害だ、愛されることなんてない人に愛を求めること自傷行為…

定期的にあっている高校の頃の友人とあった帰り道に興味のない映画を誘われたという理由だけで観にいった 原作を読んだことがないから登場人物の名前等はじめましてだった、早く帰りたい、ポテトをつまむ、四コマ漫画をひとつの物語にしたんだってと前の席か…

世界と自分が隔絶されたような気持ちになった。少しだけ今日は過去にループした、夢の中、高校の頃の友人たち、親友と呼びたい友人、憧れだった(今でも)大人っぽい友人と呼ぶには失礼な同級生の女の子、喧嘩ばかりしていた幼なじみ、図書室の番人と呼んでい…

2年くらい勉強する期間が欲しい、てか、みんな専門学校、短大に行くくらいの時間の猶予が欲しい、働きながら勉強するのが難しいなあと思う、でもどこも帰る場所なんてないから今日も働く

孤独の先に、近状

「孤独の極限は自殺だと思う」と画面の向こうの人は言う。 × × 月× × 日まであと××日。 日曜午前三時、布団の外へ投げ出されている手は酷く冷たい、彼とのメッセージ欄を開く。これは毎日の日課になりつつあるがだいたいいつも何も送らないまま閉じている、…

東京の空気に慣れてきた午前二時。 とてもとても今眠い、今回色々と体も心も現実のことに追いついていない、追いついていなくて昨日から今日にかけては友人宅で過去一料理をしていたと思う、自分も友人も作ったぶんの半分くらいしか食べれなくてだいたい冷蔵…

失った喪失感と解放されて足枷がなくなった清々しい感情とでなんて言っていいかわかんない気持ち、葵、ひかりちゃん今までありがとう、お疲れさま、ゆっくり休んでね。

︎︎☁︎︎*.

* 夜道 狐の仮面を被ってる、厄除けだって、大丈夫、これはおまじない、強くなったような気になるおまじない、夕日が沈んだら帰ろうね、鬼が出てくるよ、食われちゃう、漫画の世界だけ、夜道、外を歩いていると巡回しているお巡りさんと目が合って微笑まれ…

何もしなくても生きていける、何も無くても生きていける、みんな愛されるべき人間だ、といっている僕は何も無い状態で生きている訳では無いし、何もしていないわけでない、全員のことを愛している訳では無い、何もしていないように見えて何も無いように見え…